平成30年度事業報告
1. 安全衛生パトロール
 安全衛生面に優れた職場環境を目指し、安全衛生パトロールを実施しました。各土木事務所における会員各位の受注状況に合わせ発注当局及び関係する方々のご指導のもと、毎回重点目標を定め適切な指導を行いました。また、パトロール時には、緊急修繕箇所や危険箇所の早期発見のため、道路の巡視を併せて行いました。
2. 合同安全講習会
 5団体による合同安全講習会を平成30年6月8日にサンレイラ岐阜において開催しました。ご来賓に国土交通省岐阜国道事務所 依田秀則所長、国土交通省越美山系砂防事務所 吉野睦所長、国土交通省木曽川上流河川事務所 水野徹均副所長、岐阜県県土整備部 大野真義土木技監をお迎えしました。
 講習会として、厚生労働省岐阜労働局労働基準部健康安全課 牧野宏俊地方産業安全専門官より「建設業における災害防止について」のご講話、そして特別記念講演として「美しいモノを見る目と安全」と題し、国立大学法人岐阜大学工学部社会基盤工学科 八嶋厚教授(工学博士)よりご講演をしていただきました。


3. 安全講習会
 平成30年10月4日にサンレイラ岐阜において安全講習会を開催しました。来賓として岐阜県県土整備部 大野真義土木技監をはじめ、岐阜県内全ての土木
事務所道路課道路調整監をお迎えして開催し、大野技監よりご挨拶を賜りました。
 講習内容として「県内の交通事故情勢と交通事故防止について」と題して、岐阜県警察本部交通部交通企画課 瀧瀬英一課長補佐よりご講義いただき、引き続き「災害事例に学ぶ・労災リスクの低減と安衛法」と題し、新徳労働安全コンサルタント 新徳達二所長よりご講演をいただきました。

4. 安全衛生委員会
 随時委員会を開催し、安全衛生パトロールの計画、反省、及び講習会の開催等について協議しました。また安
全衛生推進委員に対する講習会の実施や、他の講習会等にも積極的に参加し、スキルアップを図りました。
平成31年度事業計画
1. 安全衛生パトロールの実施
 労働災害を防止し、安全衛生面にも配慮した作業現場を目指し、安全衛生パトロールを実施します。実施にあたっては発注当局及び関係する方々のご指導を仰ぎながら各管内で行います。
2. 安全講習会の開催
 近年の労働災害や交通災害に対する適切な対応策や、作業員の安全意識の向上、監理者の責務、環境への配慮等、現場に関する安全衛生について、講習会を実施します。対象者として各会社の責任者及び安全衛生管理者に受講していただきスキルアップに努めます。
3. 合同安全衛生講習会の開催
 当委員会と他の4団体との合同にて労働災害防止と安全衛生管理の推進を目的として、合同安全衛生講習会を開催します。
4. 委員会の開催
 随時委員会を開催し、パトロールや講習会の打ち合わせを行います。近年の労働災害状況や安全衛生対策について勉強し、委員の知識の向上を図り適切な指導が行えるよう努めます。また関係する研修会等にも積極的に参加します。