令和元年度事業報告
 合材部会は日本アスファルト合材協会と連携し、プラント業務に係わる情報の提供をしました。災害時における有害危険物質の管理、特殊車両の通行許可に関する啓発活動をはじめ、働き方改革に関しては第2土曜日の閉所活動の推進、時間外労働の上限規制の周知等の広報活動を行いました。また、近隣のアスファルト合材協会と情報交換を行うとともに、アスファルト混合物の製造量、廃材の受け入れ量の調査を引き続き行いました。


1. 企画管理委員会
 日本アスファルト合材協会による全国技術委員長会議において、当協会の活動報告をしました。また東海地区連絡協議会に出席し県内の状況を報告しました。
2. 技術管理委員会
 各プラントにおける現在の課題・問題点等のアンケート調査を行い。今後の活動について検討しました。
 また、東海地区連絡協議会において議題を提案し、かつ他県の議題に対する検討を行いました。この協議会や令和元年10月に出席した全国技術委員長会議での情報については会員プラントに展開しました。



3. 安全管理委員会
 @県下の23工場を5地区に分けて、令和元年10〜11月にかけて各地区の安全委員と巡回し安全パトロールを実施しました。安全意識の高揚を目的としてパトロールを行い、車両の積載量を確認し、新しく取り入れた設備・技術について意見交換をしました。
 A労働者を化学物質であるアスファルトに晒される作業に従事させた時は、ばく露防止について所轄労働基準監督署に報告書を提出する義務があることを全プラントに伝達しました。また、水銀使用製品産業廃棄物の適正処理についても周知するよう活動しました。
 B働き方改革について従業員の残業時間への取組状況及び工場自体の運営状況をアンケート式で調査し、その内容を全工場へ報告しました。


令和2年度事業計画
 働き方改革、環境保全、災害等非常時への備え、効果的な品質管理、安全対策、機械設備の管理、また法律の変化、技術の進歩に取り残されることのないよう法令順守のもと、日本アスファルト合材協会、東海地区連絡協議会等と連携して活動します。
 また、アスファルト混合物の製造量、アスファルト廃材受入量の調査も引き続き実施していきます。


1. 企画管理委員会
 健全なプラント運営を目指し、情報収集、広報活動を実施します
 @東海地区連絡協議会を開催する
 A働き方改革に関する広報活動の実施する
 B
日本アスファルト合材協会と連携し情報提供をする
2. 技術管理委員会
 @日本アスファルト合材協会及び他地区アスファルト合材協会との情報交換の場として、東海地区連絡協議会技術委員長会議及び全国技術委員長会議に参加する
 A前年度のアンケート調査を基に課題・問題点を検討し、各プラントに展開する
3. 安全管理委員会
 @県下の全工場を5地区に分けて、安全パトロールを実施します
  a)各地区を安全委員と巡回し、安全意識の高揚を図る
  b)ダンプトラックの過積載防止について確認する
  c)法規制関連(有害物質のばく露、受動喫煙等)の確認をする
 A環境対策に関するアンケート調査の実施
   大気、水質、騒音、粉じん、悪臭等の防止の取組み及び近隣対策を調査する
  プラントで使用する有害物質(水銀・アスファルト等)の取り扱いについて広報活動を行う
 Bヒヤリハット事例の広報活動をする